茶色い色素沈着の方が消しにくい?!

nikibi

女性のお肌の悩みで多いのは、ニキビではないでしょうか。「大人ニキビ」という言葉も一般的になったように、思春期に多いニキビだけでなく、20代以降も不規則な生活やストレス、乾燥といった原因からニキビが出来ることや、生理前に必ずニキビが出来るという人も多いようです。そして、ニキビがせっかく治った!と思っても、ニキビの跡が残り、色素沈着してしまったりして、白く透明感のあるお肌になれないということが次の悩みとして出てきたりもしますよね。そこで、今回は色素沈着とニキビの関係について紹介します。

 

arrow 一口にニキビ跡の色素沈着といっても、その種類は二つあります。一つ目は、赤黒い色や紫っぽい色の色素沈着です。これは血液に含まれる赤い色素であるヘモグロビンが関係しています。ニキビは毛穴に皮脂や汚れが詰まって炎症を起こすことが原因ですが、炎症を起こした時に肌の真皮まで傷ついてしまうと、真皮の中にある毛細血管が破裂して血が周囲ににじみ出てしまいます。周囲の組織ににじみ出たヘモグロビンが赤みを失って紫や赤黒く変化し、色素沈着として残ってしまうのです。

 

arrow もう一つは、茶色っぽいタイプの色素沈着です。これは、黒や茶褐色のメラニン色素が関係しています。ニキビが炎症を起こした時には炎症を鎮めようと活性酸素が発生します。この活性酸素からメラニンが過剰に作られてしまい、ターンオーバーで排出されずに蓄積されてしまったメラニンによって茶色っぽく色素沈着してしまうのです。しかも、真皮まで傷ついてメラニンが皮膚の奥まで沈着してしまうと、一生残ってしまうような跡になりかねないので注意が必要です。赤黒い色や紫っぽい色の色素沈着より、茶色い色素沈着の方が消しにくいようです。色素沈着を消すには、肌のターンオーバーが正常に行われるようにビタミンCの配合された化粧品を使用することや、ピーリングをして古い角質を除去することが効果的だと言われています。